カテゴリー「日ノ出町・野毛」の8件の記事

2016年10月18日 (火)

ボーダーラインのランチ

野毛の「ボーダーライン」で、ランチタイムがあると聞いて、出かけました。
まりこちゃんと会うのは、久しぶり♪
.
161018borderline3
.
女性のグループで、ゆっくりランチを楽しめるお店は、野毛あたりでは、貴重!
メニューもたくさんで、とっても迷いました。お味噌汁や、サラダのセットもあります。
.
161018borderline1
.
手前は、牛すじカレー。奥は、タコライス。
カレーは、マスターの岩井さんの手作りなのだそうです。
とっても美味しかった!楽しかった!
.
161018borderline2
.
 
図書館や、野毛の動物園も、近く、おすすめのお散歩コースです。
.

2014年7月23日 (水)

7月20日(日)のKojiライヴ

日付は、少し前後してしまいますが、

7月20日(日)は、長者町「on the road」のマスターの、告別式に、参列させていただきました。

夜は、日ノ出町「シャノアール」で、ブルースマンKojiさんのライヴを、見ました。

Kojiさんの手書きのフライヤー。

.

140720kojilive
.

Kojiさんのライヴに、マスターは、ご生前、パントマイムKAZUで、出演していました。

今回のメンバーは、ギター倫くん、バイオリンのぐっち。

そしてKAZUさんのためのサイドテーブルに、グラスと灰皿が、ありました。

私も、白ワインを、お供えさせていただきました。

.

140720koji1

.

140720koji2
.

140720koji3

.

ステージには、いつもKAZUさんがパントマイムで散らす、Kojiさんの歌の歌詞が、

2枚ありました。

.

140720koji4
.

2014年5月 4日 (日)

5月2日「清志郎ナイト」ご報告・メンバー写真追加しました

昨年に続き、2回目の参加となった、横浜野毛「ボーダーライン」での「清志郎ナイト」

今年も、清志郎さんを愛する皆さんと一緒過ごし、歌い、演奏することができました。

ありがとうございました。

.

140502yukos

.

ヴォーカル・ゆうこ、ギター・安田倫、ベース・臼井啓、バイオリン・ノグッチ

.

140502endos

.photo by C.Endo

・・・

〈演奏曲〉

「ひとつだけ」 「イマジン」 「サントワマミー」 「スローバラード」 「風に吹かれて」

ギター倫くんから、「イマジン」の動画が、届きました。

早速、youtubeにupしました。バンドの熱演、お客さんもスタッフさんも、みんなで、歌って盛り上がった会場の雰囲気など、とても素敵な時間でした。
ぜひ、ご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=oNCQ9GL7zeg

.

140502takamura1s

.

140502takamura2s

.photo by A.Takamura

140502takamura3s

.

・・・

初めてキヨシローさんをテレビで見たのは、18才の時でした。

つんつんヘアーに、奇抜なメイク、マニキュア、ド派手な衣装。

「こんなにカッコイイ人が、この世の中に、いるんだー!!!!!」

その時の衝撃は忘れません。それから、ずっと、キヨシローさんは、何をしても、カッコよかった。今でも、ナンバー1です。

人生で、世界で出会った、すべてを歌って、突き抜けた。
それは、キヨシローさんが歌で描いた、「曼荼羅」のようなものだと、思えます。

・・・

<ALL 出演者>

プレゼンター Mr.イトー・・・MC中の紫色のTシャツの人

140502ito

.

左・遠藤コージ、右・内田マナベ

140502endomanabe

.

中央・アラーキー
右・エアーギター熱演中の安田倫
左・バイオリンではなく、まさかのアコギのノグッチ

140502masaka

.

そして、「ボーダーライン」の主、いわいさんの、シブい背中

140502iwai

.

みなさま、ありがとうございました。

また、来年!

「ボーダーライン」ホームページ http://borderline-noge.com/borderline.html

・・・

キヨシローさん、ア・イ・シ・テ・マ・ス!!

公式ホームページ「地味変」 http://www.kiyoshiro.co.jp/

.

2014年4月 7日 (月)

舞踏と古代楽器 魂のセッション

宇宙に行ってきました。
4月5日・野毛「旧バラ荘」での、舞踏・加藤道行さんと、古代楽器・高橋誠さんの、魂のセッション。
神々しい空間でした。

.
140405butoh1
.

・・・フライヤーより・・・

舞踏・加藤道行  http://www2.tbb.t-com.ne.jp/michiyuki.butoh/

大野一雄・慶人に舞踏を師事。大学卒業後、知的障がい者施設で働くなか、障がい者の表現活動に興味を持ち、様々なワークショップに参加する。ワークショプを実践する中、自身も表現する楽しさに目覚める。偶然手にした公演案内に導かれ舞踏の世界に迷い込む。美と醜の間の心理を求め、ひと振りでも、いのちのかたちをつたえることができればと願い踊り続けている。

古代楽器・高橋誠  http://www.sepia.dti.ne.jp/mahh-koto/

古代楽器演奏家・サウンドセラピスト/Photographer 生命音響研究会 主宰。コンピューターエンジニアを経て、世界中を巡る旅人となり、フリーの写真家へ。自身の撮影した写真(作品)がきっかけで、「イダキ」(ディジュリドゥ)とめぐり逢い古代楽器で音を奏でる活動をはじめる。太古から伝わる世界中の楽器(30種類以上)を独自の感性で即興演奏。大自然との架け橋を志し、ソロコンサート「一音一生」を始める。

・・・

140405butoh2
.

・・・前衛・・・
「宇宙に隠された神秘の暗号の解読」

.

140405butoh3
.

140405butoh4
.

加藤さんと、高橋さんは、10年ぶりの再会だったそうです。お互いを尊敬しあっている雰囲気が、漂っていました。素敵でした。

昨年のクリスマスライブでお会いした、加藤道行さん。
大野一雄舞踏研究所の舞踏家さんでした。

昔、図書館で借りた、大野一雄氏の言葉の本を、コピーして、繰り返し、読んでいました。横浜のバンクアートの、アバンギャルド展では、大野慶人氏の公演を見ました。
バラ荘に、慶人氏が、いらっしゃって、ドリンクをオーダーされた時、乾杯していただきました。じーーーん。

.

2010年10月5日の「歌日記」http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/barairo_no_cafe/view/201010

<avant-garde> 

標的の背後に道はない
響き渡る産声

飛び出す魂のエネルギー
積み重ねに裏付けられた沈黙

何十億年のらせんの記憶
緻密の蓄積の先端

宙に浮いていてさえ
見えない糸で張り巡らされたバランス

より遠く運ぶために
光の粒より細かく砕いた

発見が遅れている
時間は永遠にある

設計図はない
組み立て技術の発明を待つ

・・・

2014年3月30日 (日)

3月29日 Koji Live に行きました

3月29日(土)野毛「ボーダーライン」へ、ブルースマンKojiさんのライヴを見に行きました。

ライヴを見るのは、本当に、久しぶりで、楽しかったーheart01

・・・

ヴォーカル&ギター ブルースマンKoji
ギター 倫
バイオリン のぐっち

・・・

140329koji2_2

.

昨年夏の、寿町でのライヴDVDが発売されました。

野毛「ボーダーライン」、喫茶「みなと」、「オンザロード」、「旧バラ荘」などで、買えます。

約40分 ¥1200 通販でも買えます。

CD/DVD紹介ページ

http://www.koji-blues.com/order.html

.

140329koji4

.

Kojiさんのギターは、新型「鈴モデル」?でした。

.

140329nogucchi
.

♪のぐっちは、腰痛のため、しばらくライヴ活動をお休みしていたのですが、今回から、復活!

いつも、電気バイオリンだけど、この日は、アコースティックバイオリンも、両方、持ってきていました。

「アースアワーだったから、何か少しでも、できることがあれば…」って、思ったからなのだそうです。

わー!

寡黙な、のぐっちの、熱いハートが、素敵だなぁ、と思います。

.

.

.

140329rin1

.

ギター 倫くんは、「しゃんそん♪ないと3周年」でも、演奏してくれました。

今回、私の座った位置が、倫くんの背中側だったので、休憩中の倫くんです。

・・・

これからも、楽しみに、伺いたいと、思います。

・・・

5月2日(祝日)「ボーダーライン」での、「清志郎の夜」に、今年も、倫くん、のぐっちと一緒に、参加させていただきます。

キヨシローさんを大好きな方々と、ご一緒できるのが、とっても楽しみです。

詳細がわかりましたら、お知らせします。ぜひ、遊びにきてください。

scissors Love&Peace アイシテマース!!

.

2013年5月11日 (土)

「Koji Live」おすすめ

130512koji ~限りなく美しく 残酷なまでに優しい~

【Koji Live】

5月12日(日)夜8時~

出演・ブルースマンKoji with Rin(g)

「旧バラ荘」にて

投げ銭

ブルースマン【Koji】

公式webページ

http://www.koji-blues.com/

野毛「旧バラ荘」

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14014724/

.

.

・・・

【Koji】伝説「白いギター」

ある日、Kojiが、路上で、唄っていると、見知らぬ男が、白いギターを持って、やってきた。

男は、Kojiの投げ銭を指さし、こう言った。

「兄ちゃん、このギター、やるよ。その代り、これちょっと、貰っていいか?」

「あぁ、いいよ。持って行きな。」

・・・

130323006at.

2013年3月16日 (土)

「Koji Live」 おすすめ

【Koji Live】

3月23日(土) 夜8時~ 横浜「シャノアール」にて 投げ銭

~野毛・日の出町を中心に活動中のブルースマン、Koji(コージ)

リアルアンダーグラウンド。
ブルース、ジャズ、シャンソン、ロック、プラスチックアンダーグラウンドを墨で塗ったくり、
醜くも美しいコージの呼吸こそがそれだ。

公式webサイト http://www.koji-blues.com/

プロモーション映像 http://www.youtube.com/watch?v=RUYAnRUYnAE

130200kojikawaraban1.

2013年2月22日 (金)

2月20日「しゃんそん♪ないと」ご報告

130220rosedress1 .

積もらぬと 知りつつも舞う 春の雪  …遊去

・・・

前日のお昼ごろから、雪が降り、うっすらと白くなりましたが、当日にはすっかり溶けました。

おかげさまで、今月も、開演する事ができました。心よりお礼申し上げます。

今年は、バレンタインに近い日程ではなかったのですが、やはり、愛の歌、恋の歌、を意識して選びました。

1ステージの「私の心はヴァイオリン」と「夢の中に君がいる」は、新しいレパートリーです。「夢の中に…」では、ちょっとイタズラをしました。そのことは、このページの最後に、ご紹介します。

2ステージでは、オリジナル詞、オリジナル曲を中心に、まとめました。

それから、いつもは、美輪明宏さんの訳詞で歌っている「愛の讃歌」ですが、越路吹雪さんの歌う、岩谷時子さん訳と、2種類の違う歌詞で、続けて歌ってみました。

最後は、私の大好きな「ロコ」を"Yokohamaバージョン"に変えて、歌いました。

ありがとうございました。

次回、3月20日は、祝日と重なります。あまりないことなので、この機会に、ぜひ皆さま、お誘い合わせで、お出かけいただけますこと、いつもいつも、お願いばかりで申し訳ありませんが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

…2月のプログラム…130220rosedress2

<1ステージ>

「サンジャンの私の恋人」

「私の心はヴァイオリン」

「それぞれのテーブル」

「夢の中に君がいる」「私のジゴロ」

「王様の牢屋」「街角のアヴェマリア」

<2ステージ>

~江口純子弾き語り~

「待ち疲れて…☆」

以前、江口さんにお渡ししていた訳詞で、歌ってくれました。サプラ~イズ!感動しましたweep

「キャバレーの女…☆」「残されし恋には/I wish you love…☆」

「風が笑った(オリジナル)」「思い出がバラ色になる時(オリジナル)」

「愛の讃歌/美輪明宏訳・岩谷時子訳」「ロコへのバラード…☆(Yokohamaバージョン)」

<お言葉に甘えて…追加ステージ>「MODI…☆」「ROSE」

…☆は、ゆうこ訳

・・・

今月も、神奈川新聞紙面に、お知らせが掲載されました。お問い合わせをいただき、ありがとうございます。

また、ホームページを見てくださったり、メッセージをいただいたり、とても嬉しく思っています。

不器用な私ですが、これからも、よろしくお願いいたします。

・・・

今月は、ビックリする事がありました。横浜を中心に、各地で歌っている、ブルースマン【Koji】(コージ)さんが、ギタリストのLin君と一緒に、「しゃんそん♪ないと」を見に来てくれました。

先ほど書いた「夢の中に君がいる」という曲でのイタズラは、Kojiさんがアレンジして歌っているシャンソンの他の曲のスパイスを、マネしました。もちろん、Kojiさんに、ご承諾をいただいて。

「Kojiさん!!」来ていただけて、とっても、嬉しいshine 

「しゃんそん」のソロライヴを始めて、ジャズのライヴハウスや、カフェや、ギャラリーなど、シャンソンファンではなかった方に、聞いていただく機会が増えました。

そして「シャノアール」で、この町で、いろいろなジャンルの演奏を聴く機会をいただきました。

今回は、音楽のこと、作詞のこと、訳詞のこと…いろいろお話が出来て、とても刺激を受けました。勉強になりました。なんだか、ご褒美をいただいたような気持ちです。

野毛は、たくさんのミュージシャンがいて、たくさんのライヴハウスがあって、そして、Kojiさんが歌っている、とても魅力的な町です。

ばんざーいsign03

Merci~clover Merici~clover

1302201s

写真・向かって右がKojiさん。左が、Lin君。

【Koji】公式website http://www.koji-blues.com/

note

最後まで、読んでくださって、ありがとうございます。