« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

Hello!

.
170928miyajima17s
.
宮島にて。
山の上のお寺の石段の腰かけて休んでいた時のこと。
突然、「Hallo!」と、小学生に声をかけられた。
振り返ると、「なんや、日本人か。」と、がっかりされた。
「そうか、ごめんね。日本人なんだ。外国人に話しかける宿題?」
「まぁ、ええわ。もう宿題は、終わってるし。」
そう言って、その子も、隣に腰かけて、話し始めた。
.
すると、その子の友達らしき子たちが、
「Hallo!」・・・「Hallo!」・・・と何人も集まってきてしまって、そのたびに、
「ごめーん!日本人だよ。」と、言うことになった。
.
修学旅行らしい。広島に一泊して、宮島には、朝、来たそうだ。
昨夜は、3時まで、起きていた。
今日は、何時に、学校着の予定。
次から次へと。。。
.
娘は、小学6年生の時、京都の小学校だったので、修学旅行は、広島と大久野島だった。
こんなふうだったのかなぁ、と、思い出したりもした。
.
夏が戻ったかのような日ざしを避け、汗が引くまで、ひととき、話し込む。
「うちら、説明しすぎやわ。」
「あんたが言うからや。」
「あんたや!」
漫才が止まらない。笑わせてもらった。
「ありがとうね。良い旅をね」
.
 

2017年9月29日 (金)

折り鶴

.
平和のことを想うとき、家で、よく、折り鶴を、作ります。
広島へ行くことが決まってから、その折り鶴を、糸でつなぎ始めました。
ここは、平和公園の中にある「原爆の子の像」です。
.170928hirosima6s
.
2歳で被爆し、12歳の時に、突然、白血病になり、病床で鶴を折り続けた佐々木貞子さんが、モデルです。
資料館には、貞子さんの作った、小さな小さな折り鶴が、展示されています。
折り紙は、貴重だったため、薬やお菓子の包み紙などを、できるだけ小さく切って、たくさん作ろうと思ったのだそうです。
.
170928hirosima10orizuru1s
.
写真奥の建物は、折り鶴をかけるスペースです。
以前「平和を願う折り鶴プロジェクト」で、世界、全国各地から集まった20万羽の折り鶴も、「折り鶴サミット」を経て、浜松のフリースクールの生徒さんたちが、ここへ届けてくださいました。
私も、持ってきた折り鶴をかけて、祈りました。
.
170928hirosima10orizuru6s
.
そして、今回、この旅に、もう一つのつながりを、見つけました。
平和公園の見学をしたあと、宿のある宮島に移動しました。
.
宮島の中の、大聖院(だいしょういん)という寺院。
そこで、平和公園に届けられた折り鶴を、お焚き上げしているそうです。
その灰は、焼き物に加工され、平和のアピールに登場したり、原爆ドームの隣の折り鶴タワーで色付けされ、最上階から落とし、蓄積されていく様子が見えるそうです。
.
また折り鶴の一部は、再生紙として、メモブロック(下の写真の右上)に、生まれ変わります。
宮島で立ち寄った、「宮郷」という町屋カフェで見つけて、買いました。
お店のお母さんは、昭和18年生まれ(1943年)で、貞子さんと同い年で、やはり被爆されたので、とても身近に感じてきた、と、話してくださいました。
.
お店のお嫁さんの話し方や、アクセントは、行く前に見た「この世界の片隅で」という映画の主人公、すずさんの雰囲気に、とても似ていました。
.
170928miyajima27s
 
 
.
このブログを書いているとき(10月6日)、「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が、ノーベル平和賞に決定した、というニュースがありました。
核兵器の非合法化と廃絶を目指し、今年の核兵器禁止条約成立に貢献した国際NGOです。
それなのに、その条約に、日本が調印しなかったことが、残念でなりません。
.
LOVE&PEACE FOREVER !
宮島へ渡るフェリー乗り場から見た雲が、羽ばたく鶴のようでした。
.
170928miyajima1s
.
.
 

2017年9月28日 (木)

ひろしま

広島駅から市電に乗って、平和公園へ行きました。
降りる駅の名前は、「原爆ドーム前」
その駅は、「原爆ドーム前」という、名前でした。
.
170928hirosima2s
.
それから、いっぱい泣きました。
声を出して、びぃびぃ泣きました。
泣けなくなるまで、泣きました。
.
170928hirosima9domes
.
もっと、もっと、もっと、もっと......平和を想わなくてはいけない。
強く強く、想わなくては、いけない。
 
.
170928hirosima7s
.
手前が「原爆の灯」そして奥が「祈念碑」「資料館」
 
.
170928hirosima5s
.
修学旅行生、小学生、外国人のグループ、個人、たくさんの方々がいました。
写生をする人も、たくさんいました。
.
170928hirosima33s_2
.
「折り鶴」へつづく。。。
.

2017年9月26日 (火)

.
170901orizuru
.
近々、広島へ旅行することになりました。
結婚して36年目になります。
秋田の実家に帰省する以外では、夫婦で初めての旅行かもしれません。
夫が今年定年し、少し時間に余裕ができました。
.
人気の観光地など、いろいろ考えたそうですが、広島へのLove&Peaceに決まりました。
日頃、作っていた折り鶴を、糸でつないでいます。
平和記念公園で、お祈りしてきます。
.
旅の様子は、後日、落ち着いた時に、書きたいと思います。
.
 

2017年9月22日 (金)

お風呂のてんどんマン

9月は、「長月」というけれど、ちょっとあわただしくて、気がつくと、もう半ばを過ぎてしまいました。
その中で、楽しいこともありました。
.
170910
.
娘夫婦が用事で夜出かけることになり、2歳の孫(男)を、二日ほど預かりました。
夜は帰ってくるので、夕方から、寝るまでの間。
大好きなアンパンマンのテレビを見たり、ご飯を食べたり。
まだ、言葉はあまり話さないのですが、意思は、声や行動で、伝えてきます。
.
一日目のお風呂の時のこと。
ジージとお風呂に入る、と伝えると、はりきって服を脱ぎ、お風呂場へ。
ところが、中のジージを見るなり、入口で固まって、一歩も中に入らない。
だましだまし、シャワーを浴びさせるも、一言も話さない。
さっきまでの元気はどこへ?
.
さて、二日目。
ジージは、メガネをかけていなかったせいではないかと考え、メガネをかけたままお風呂へ。
大成功!キャッキャッと、大騒ぎ。今度は、出たがらない!!
抱きあげようとしたら、浴槽のふちにしがみつき、なぜか
「テンテンドンドン、テンドンドン!テンテンドンドン、テンドンドン!…」
と、大絶叫で、くりかえした!
アンパンマンに出てくる、てんどんマンの決め台詞。
そんなオールマイティな使い方があったのかっ!
.
思い出すと、笑いがこみ上げてきます。
伝えようとする迫力に、感動しました。
いいなぁ!いいなぁ!
意味より何より、伝えようとする気持ちが、言葉そのもの。
言葉のはじまりを、あらためて、考えさせられました。
.
アンパンマン、そして、小さなてんどんマン、ありがとう♡
.
Img_7134s
.
 
 

2017年9月20日 (水)

チャイニーズロックと天使のブルース

9月19日(火)、横浜中華街にある「李世福のアトリエ」で、作家の山崎洋子さんのトークライヴがあり、久しぶりに夜の外出をしました。
.
170919talkshow
.
企画したのは、前田健人さんという30代の若い方で、1960年代に大人気だった横浜出身のグループサウンズ「ゴールデンカップス」の音楽が好きだったことが、「天使はブルースを歌う」を読むきっかけだったそうです。。
前田さんの司会で、山崎さんの講演。
「横浜中華街は、どのようにできたか」というテーマで、歴史、地理、映画、芝居、そして、音楽、様々な方面から、横浜の魅力が語られました。
.
明治の横浜港が開港された時には、多くの外国人居留地ができました。
清国(中国)は、欧米に侵略され、貿易に慣れていたこと、漢字で伝えることができたため、「コンプラドール(買弁)」という、日本と西洋をつなぐ仕事をしていたそうです。
そして、現在の場所に、コミュニティを作りました。
それが、「横浜中華街」の始まりです。
.
「天使はブルースを歌う」という山崎さんの著書の中では、戦後の横浜の外国人墓地のあたりに、多くの赤ちゃんが放置されていたという、ショッキングな事実が語られています。
山手駅からすぐの、「根岸外国人墓地」に埋葬され、その供養塔を建立する資金を集めるために、CDが制作されました。
山崎洋子さん作詞で、横浜出身の「ゴールデンカップス」の元メンバー、エディ播さん作曲の「丘の上のエンジェル」という曲です。
エディ播さんの実家は、中華街にあったそうです。
.
3時間近いトークの間には、アトリエのオーナー李さんと前田さんのライヴがありました。
「ヨコハマホンキートンクブルース」と「灰色の街」
松田優作さんが歌って、とても有名になりました。
「ヨコハマホンキートンクブルース」は、エディさん。
「灰色の街」は、李さんの作品です。
.
横浜のロックとブルースと、教科書には載らない歴史・・・とても勉強になりました。
.
170919atorie
.
講演を聞きながら、思い出していたことがあります。
それは、9月の初め。
関東大震災の時に起きた「虐殺事件」の追悼式のための追悼のメッセージを、今年、東京都知事が拒否したというニュース。
震災の混乱の中で、一部の日本人がデマを流し、外国人を襲撃したという事件。
.
虐殺、慰安婦、そして名前のない子どもたちの慰霊碑・・・
この数年、戦後72年という時間の長さだけでなく、重要な役を持つ人たちが、責任から逃れるような言動をするようになったようで、とても気になります。
.
平和は、戦争がないことだけで、作られているのではないと、思います。
どうか「先生」と呼ばれる立場の方たちは、歴史の真実とまっすぐに向き合う強さと、覚悟を、持っていただきたい。
お願いします。
.

2017年9月11日 (月)

9月11日

.
170911rose
.
眠れない夜の
.
始まりだった
.
かもしれない
.
眠らない夢の
.
始まりだった
.
かもしれない
.
Img_0.

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »