« 8月になりました | トップページ | 8月の鎌倉「ピースキャンドル」 »

2017年8月 7日 (月)

「ゆうこミニコンサート」お礼とご報告

8月6日「ゆうこミニコンサート」おかげさまで、無事終了いたしました。
久しぶりのソロライヴ、初めての会場、
たくさんの方に助けていただき、心より、お礼申し上げます。
.
1708061_0002m
.
1708061_0001m
.
区民文化センター施設は、抽選または空きのある日時で、申し込みをしました。
スケジュールの調整で、8月6日に、決まりました。
ヒロシマに、原爆が投下されてから、72年。
朝、テレビの中継を見ながら、黙とうをしました。
.
戦争も、核兵器も、平和に続く道ではありません。
プログラムには、平和へのメッセージを込めました。
.
それから、今回、小さな子どもさんや、車イスのまま、入れるスペースを作りました。
今年の3月に、小さな子どもさんと、お母さんが集まる公共の施設で、歌わせていただいたことが、きっかけでした。
小さな子どもさんがいると、外出できる場所は、限られてしまうので、昼のライヴは、良い機会だと思いました。
会場は、駅から近く、多機能トイレや、授乳室があったことが、申し込みをした大きな理由のひとつです。
一組のご家族(パパママと子供さん3人)が、ご来場くださいました。
とても、嬉しく思いました。
.
実は、孫家族も来る予定だったのですが、前の晩に発熱。
そういうことが、あるんですよね。
でも、お友達ご家族が来てくださって、スペースも賑やかになりました。
娘も、子どもをパパにお願いして、様子を見に来てくれました。
.
コンサートを企画することで、お客様にも、家族にも、みんなに、心配をかけてしまって申し訳ないのですが、よい空間を創れるように頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします。
また、どうしたら居心地のよいスペースになるか、工夫をしたいと思います。
いろいろ教えてください。
.
他の座席のスペースも、一応、イスを並べましたが、見やすい場所に移動していただいてもいいし、途中、疲れたら、立ち上がったり、歩いたりしても、大丈夫です、とお伝えしていました。
.
アンケートでは、子どもさんが入場できることを、歓迎してくださるコメントばかりでした。
「同じ時間を共有できて嬉しかった。」
「これからを担う人たちを、温かく包み込むことは、大切ですね。」
とても嬉しく読ませていただきました。
温かいお気持ち、心から、ありがたく思います。
.
170806y1
.
境界線のないステージ。
同じ明るさなので、お互いに顔も、良く見えます。
不思議と、恥ずかしさは、ありませんでした。
.
170806y2
.
花束いただいたのも、ひさしぶりで、調子にのっていますclover
.
170806y3
.
懐かしい方々、休業の間に出会って、初めてライヴを聞いていただいた方々、そして、初めてお会いした方々・・・
励ましのメール、お手紙・・・
本当に、本当に、ありがとうございました。
「ライヴで、泣いてしまった」という方もいらっしゃいます。
それは、辛い涙ではないですよね。ドキドキ…。そうであってほしいという希望ですが…。
心が、羽ばたいたり、伸びをしたり、そんなとき、あくびをするみたいに、自然に涙が出るのは、健康なことだと思います。
また、気軽に、遊びに来て下さい。
.
それから、最後になってしまいましたが、今回ピアノ伴奏をしてくれた、江口純子さんが、
「こどもたちのいるところで演奏するのを、楽しみにしてくださっていた」と、あとから聞きました。
次回は、もう少し、時間をゆったりとって、江口さんにも歌っていただけたらいいなぁ、と思います。
.
次回は、抽選の結果が解り次第、またご案内させていただきます。
.
 

« 8月になりました | トップページ | 8月の鎌倉「ピースキャンドル」 »