« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

京都散歩

29日は、浜松から、京都へ向かいました。

12月1日に、京都で、私が初めてシャンソンを習った先生、大村禮子さんの「ランチタイムコンサート」があります。

それで、京都に2泊し、なか一日、ゆっくり京都で過ごすことにしました。

.

151130kyoto1

.

紅葉の季節、夜のライトアップなどもあり、とても混んでいました。

でも、夜は、冷えるし、明日のコンサートを観るために来たのに、風邪をひくと困るので、外出は、昼だけ。

「清水寺」

.

151130kyoto3

.

「祇園」

.

151130gion1

.

今回は、ひとりで歩くので、写真は、景色か、食べ物ばかり。

「フランソワ」にて。カフェオレ。

.

151130cafe2

.

京都市内バスの一日乗車券で、周りました。お寺も、駅も、ホテルへも。

京都は、できれば、もう一度、住みたい!!

古い歴史を持つ町の揺るぎない自信と、それと正反対であって決して軽くない斬新さを、同時に感じます。

・・・

バスの乗り換えで降りた京都駅、関西電力前で、メガホンのアピールの声が聞こえました。

「Je suis OKINAWA」のプラカードが気になって、話しかけました。

原発のこと、基地のこと、安保関連法のこと・・・facebookで友人になってもらいました。

すると、浜松に共通の友人がいて、ここでも、旅がつながりました。

・・・

夜は、ホテルの大浴場へ行ってみたら、私ひとりで、の~んびり身体を伸ばして入ることができました。

これに味を占めて、翌日も、朝から張り切って、大浴場へ行きました~♪

.

151130okuni

.

2015年11月29日 (日)

「折り鶴サミット」

.

151129
.

11月29日、静岡県、浜松で開催された「折り鶴サミット」に行ってきました。

今年2月、facebookがきっかけで、「心による平和を願うみんなのネットワーク」の折り鶴プロジェクトに参加しました。

全国、世界各地から、届いた折り鶴は、23万羽!

私も、このブログや、ネットで、知り合いの方々に、ご紹介してきました。

集団的自衛権、安保法、次々に憲法違反の法案が、十分な議論も、正しい手続きもないままに、可決されました。

当初、「折り鶴を国会に届けよう!」という呼びかけでしたが、この状況の中、受け渡しの紹介も思うようにいかず、たとえ届けることができても、それは「目録」という形になるだろうということもわかってきました。

それならば、「折り鶴サミット」という形で、たくさんの人に、見ていただく機会を作ることで、浜松在住のメンバーの方々が、準備してきました。

その折り鶴たちの晴れ姿を直接見ることが、この企画に参加し皆さんに呼びかけた私の責任であるし、有難い役をいただいたのだと、思いました。
家族も、快く、この旅に、送り出してくれました。

.

151129_2

.

14時、浜松駅をミュージックパレードがスタート。

約1キロほどのコースのゴールは、23万羽の待つ、鴨江アートセンターです。

朝早くから、浜松の方々が、展示の準備をしてくださいました。

このプロジェクトは、浜松のメンバーの方々の行動力、チームワークの良さが、本当に、素晴らしかった!

写真は、一部です。

.

151129_3
.

サミットでは、展示の他に、3名のゲストによる記念講演がありました。

.

151129orizuru1

.

~「芸人9条の会」呼びかけ人の古今亭菊千代さん~

平和でなければ、笑えない。

平和がなければ、落語はできない。

けれど、今「平和を守ろう」は、「基地を作ろう。オスプレイを買おう。」という意味になっている。

「オリンピック」の話題は良くて、「憲法」の話題は、ダメ?おかしなことになっている。

古典落語の合間に、ピリッと現在を入れながら語る菊千代さんの着物は、「9」の紋付!

カッコ良かった!

.

151129orizuru2
.

~フォトジャーナリストの豊田直巳さん~

イラク戦争で、1ヶ月間、命の危険と隣り合わせで、毎日、日本へ、戦闘の様子を伝えた。

疲れて帰国したら、日本では、「タマちゃん」が大ブーム。

イラク戦争のブーム?は、終わっていた。

マスコミに伝えられる「写真」から、人々は、何も見ていない。

戦闘の長さは、1分いくらの、商業の計算。

そこに住み、日常を営む人々の時間を、現実を、切り取った写真を見て、説明を読んで、私たちは、勝手な想像で、ストーリーを作り、考えることを、やめてしまっている。

たとえば、銃を持つ兵士の写真。

怯えているのは、兵士なのだ。

「銃を構える者は、銃に、怯える。」

この言葉は、忘れられない。忘れない。忘れてはいけない。

.

151129orizuru3
.

写真は、広島「原爆の子の像」のモデル、佐々木禎子さんの折り鶴。

2歳の時に、原爆で被曝し、白血病により、12歳で亡くなりました。

入院中の数ヶ月間に、まわりの人たちからもらった薬やお菓子の包み紙などで、たくさん作るため、小さく小さくなりました。 (写真右の2cm弱四方の薄い紙)

最後の言葉は、辛さではなく、恨みではなく、家族に「ありがとう」と。

ご遺族は、この小さな折り鶴と、禎子さんの強く優しい心と共に、世界に平和の大切さを伝える活動を続けています。

~広島「SADAKO LEGACY」代表の佐々木裕滋さん~

佐々木禎子さんの遺族(甥)として、世界各地に、禎子さんの作った折り鶴を、寄贈している。

アメリカでは、3ヶ所になった。

原爆の使用した側、された側の立場を超えた対話が、人々の中に始まりつつある。

自身が作詞作曲した「祈り」。

5月の横浜での「憲法集会」では、クミコさんが歌った。

♪泣いて泣いて泣き疲れて 折り鶴にいつも励まされて

♪祈り祈り祈り続けて 夢をつなげた毎日でした

サビの部分は、他の歌詞もあるけれど、私は、この折り鶴プロジェクトに鶴を贈ってくれた方々の想いと重なるような気がして、この言葉に、胸がいっぱいになりました。

・・・

武力ではなく心による平和を、本当は、誰でも望んではいるけれど、ひとりで、家で、何ができるだろう?

そんな想いを、ひとつひとつ、一羽一羽、折り鶴にしよう!

このことを知った時、そういう素敵な想いの人たちと、つながりたいと思いました。

何もしなければ、一羽も届けることは、できませんでした。

長いようで、短かった10ヶ月でしたが、折り鶴を折って、参加したくださった皆様に、心から、お礼申し上げます。

そして、これからも、平和への願いに、期限はありません。

いただいた命、心を、大切に、未来へ、つないで生きましょう。

・・・

「折り鶴プロジェクト」については、今後も、また、お知らせいたします。

.

2015年11月19日 (木)

「愛の讃歌」

私たちが、未来への希望を見出すのは、

武器ではなく、

憎しみではなく、

「愛」だと、

そう教えてくれたのは、シャンソンです。

・・・

「愛の讃歌」

https://m.youtube.com/watch?v=1R79ywKsP2c

A PARIS パリで

.

151113roses

.

日本の「安保法反対」のデモの時には、パリ在住の日本人や、その友人の方々が、「ABEは、ダメ」と、アピールする映像をみて、とても心強く思いました。

今、パリが直面した辛く悲しい惨事の中で、彼らは、さらなる武力による報復を望んでいるでしょうか?

私は、そうではないと思います。

真の自由と平和を求め、この逃げ場のない恐怖と、闘っていると思います。

それは、国境や思想や宗教によって、分断されることなく、今、この世界に生きる「個」としての、闘いなのだと思います。

私は、真の自由と平和を願い、武器を持たずに、この恐怖と闘う人々の愛と勇気と共に、あります。

.

2015年11月13日 (金)

「言葉のいのち」

「言葉のいのち」

言葉が無力ではないかと、人々が疑う時こそ、

歌わなくてはいけない!

絵は、叫ばなくてはいけない!

身体は、咲かなくてはいけない!

・・・

「純白のマリアたち」 作詞曲・ゆうこ

https://www.youtube.com/watch?v=AZbHa63yYAE

.

2015年11月12日 (木)

「9条の会 かながわ大集会」

「9条の会 かながわ大集会」

11月11日 神奈川県民大ホールにて

呼びかけ人・山崎洋子さん挨拶。

・・・「天使はブルースを歌う」というドキュメンタリーを執筆したときのこと。

戦後の横浜で、パンパンと呼ばれた売春婦がいた。

混血の嬰児の墓地が、たくさんあったという。その取材を、行政に拒否された。

資料も出してもらえなかった。

「そんな暗い歴史をほじくり返して、誰が喜ぶんですか?」
と言われた。

誰かを喜ばせるために書くわけではない。

何があったか、そのとき、どうだったか、事実を書いておかなければ、また、同じようなことが繰り返される。

憲法9条を、夢だと笑う人がいるかもしれない。けれど、文明は、夢から始まった。

空を飛んだり、潜ったり、外国へ行きたいなんて言ったら、笑われる時代だってあった。

たった一度しか、国内を爆撃されたことがなく、その一度の戦争で、原爆を落とされた日本。

この日本だから、この特別な憲法9条を持ち続けていいし、持ち続けるべきだ、と。

・・・

法政大学、山口二郎氏の講演。

「2015安保から民主主義の再生へ」

メモを取りながら聞きました。長いので、少しだけ紹介します。

・・・

151111kanagawa9


〈満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今極めて大切なこと〉〈長い期間における国民の尊い歩み〉という天皇陛下の言葉を例に、〈国民の尊い歩み〉が、60年安保の岸の追放や、日本的平和主義、ベトナム戦争で派兵することを免れた、と。

けれど、自民党が野党に転落した期間で、ナショナリズム、憲法改正案、歴史修正主義を、作り出し、現自民党安倍政権は、消去法的な選択によって、選挙に勝利した。

(・・・だれかが、以前、蕎麦が食べたいけれど、近所にラーメン屋しか見つからなかったから、とりあえずラーメンみたいに自民が選ばれた、と例えていたけれど、そういうことなのだろう・・・byゆうこ心の声)

憲法をないがしろにする政府。立憲主義、民主主義、平和主義の大危機である。

けれども、同時に、311を経験した若い世代が、被災者の現状、原発事故後の大人たちの無責任な姿を見て、自分たちの言葉で声をあげたことは、日本の市民の新しい政治文化の始まりであり、大きな希望であり、好機である。

・・・

私は、この講演を聞いて本当に良かったと思う。いくつもズシンとくることがあった。

「憲法をないがしろにする=反知性主義」反知性主義は、知ること、考えることを破壊する。

なんと野蛮で、恐ろしく、悲しいことか。

反知性主義は、「自分が欲するように世界を理解する。」それは、過去に向けられれば、歴史修正であり、現在なら、憲法を破壊する、デマをまき散らす。まさに、安倍政権の現状そのまま。

この政権の反知性主義の根にあるのは、二つの劣等感である。

一つは「外務官僚が湾岸戦争で日本が血を流さなかったことで評価されなかったという劣等感」

もうひとつは、「安倍首相の、岸信介への劣等感」だという。

私は、寒気がした。たったそれだけのことで、日本中を、不幸に陥れるようなことが、できるだろうか?と、頭を抱えてしまった。理解ができなかった。

いや、「たったそれだけのことで…」というのは、無神経である。他人からは、たったそれだけのことでも、人生を狂わせるのが、常である。

山口氏は、ジョージ・オーウェルの「1984年」からの引用を使った。

「War is Peace 戦争は平和」

「Freedom is Slavery 自由は隷属」

「Ignorance is Strength 無知は力」

それは、つまり、言葉の無力化である。

あぁ、言葉たちよ!逃げないで!怯えないで!

私たちの、本当の敵は、ネバーエンディングストーリーの「虚無」かもしれない。

スターウォーズの「ダークサイド」かもしれない。

もし、言葉がどうしても探せなくなった時、歌が、生き残っていなくてはいけない♪

.

2015年11月 9日 (月)

11月6日のスピーチから・・・

11月6日金曜日

NO NUKES よこはまアクション、東京電力神奈川支店前にて、スピーチさせていただきました。

.

151106nonukes1
・・・

私は、先週、初めてこの抗議に参加しました。

三年間、毎週金曜日に、ずっとここで抗議の声を上げ続けてきた皆さんの言葉に、胸を打たれました。

チェルノブイリ事故のあと、日本でも、原発の賛否が問われた時、原発を推進する人たちは、
「日本では、チェルノブイリのような事故は起きない。」
「ジャンボ機が墜落しても、原発は、壊れない。」
と言いました。

あれは、嘘だったのですか?

東京電力福島第一原子力発電所の事故は、安倍総理の言うように、本当に、収束したのでしょうか?

東京電力の人たちは、全員、原発推進に賛成なのですか?

福島の人たちは、避難解除された地域に、戻っても大丈夫なのですか?

子どもたちは、ずっと健康でいられるのですか?

この答えを知っているのなら、教えてください。

・・・

151106nonukes2

.

次回「NO NUKES 横浜アクション」は、11月13日(金)夜・横浜駅西口で行われます。

原発反対のアピールが、政治、選挙など、さらに大きく拡がっていくことを、期待します。

私も、出来るかぎり、参加したいと思います。ぜひ、ご一緒に。

また、これから来年の参議院選挙に向けて、全国各地、様々な時間場所で、開催されている、市民のアピールの情報にも、これから、注目していきたいと思います。

誰もが、自由に、元気に、平和に暮らせる世界が、実現しますように♡

youtube「アコーディオン弾き」歌・ゆうこ

https://www.youtube.com/watch?v=JVsoEdFvkH0

.

2015年11月 4日 (水)

11月になりました

お元気でお過ごしですか?

先日FMラジオから「枯葉」が聞こえてきて、「歌いたい」と思いました。

.

151026akita
.

私事で、多忙な年なのですが、10月には、義父の法事で、秋田に行ってきました。

法事の日は、雨で、とても寒く、お寺では、ハイパワーのストーブがついていました。

帰りの日には、「秋田県立美術館」に寄ることができ、藤田嗣治の作品を、観賞しました。

11月14日からは、「FOUJITA」という映画が公開されるそうです。
とても、気になっています。
http://foujita.info/

.

151031orizuru
.

今年2月から参加した「心による平和を願うみんなのネットワーク・折り鶴プロジェクト」では、11月29日に、浜松で「ピースパレード・折り鶴サミット」が開催されます。

届いた折り鶴と、自分で折ったものも一緒につなげて、千羽が完成しましたので、送りました。

29日には、私も、参加して、折り鶴の晴れ姿を見てきます。

.

「民主主義って、なんだ?」という叫びが、来年の参議院選挙を目指して、新しい動きに拡がっています。

国会議事堂の前だけでなく、全国の街角で、様々なプラカードを掲げ、アピールする人々の姿を、ツイッターなどで見ることができます。

先日、「NO NUKUS よこはまアクション」に、初めて参加しました。

2012年11月から、3年間、毎週金曜日に、横浜、関内にある東京電力神奈川支店前で、原発反対のアピールを続けてきたそうです。

ここでのアピールは、11月6日が最後で、次々回13日からは、横浜駅西口に場所を変えて、今後の政治の動きに合わせたアピールが始まります。

原発の問題を、考えていくと、都市と地方、政治、経済、健康、環境、人権、労働、教育、戦争など、様々な問題とつながっています。

自分の毎日のありようが、何の味方につながっているのか、考えましょう。

誰かのせいにして、忘れたふりでいるのは、やめましょう。

.

151027nonukes_3
.

"Imagine all the people living life in peace"

♪世界中の人々が、平和に暮らしている様子を、想像してみよう♪

.

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »