« 3月29日 Koji Live に行きました | トップページ | 春の宴に、ようこそ! »

2014年3月31日 (月)

フランシーヌの場合は・・・

♪フランシーヌの場合は あまりにも おバカさん

フランシーヌの場合は あまりにも さみしい

3月30日の 日曜日 パリの朝に 

燃えた命 ひとつ フランシーヌ♪

3月30日は日曜日だったので、子供のころ覚えた歌を口ずさんでいました。

ふと「フランシーヌって、誰だろう?」と思って検索したら、すごいことがたくさんわかりました。

「フランシーヌ」は、フランシーヌ・ルコントさんという、フランスの女性シンガー。

1969年、ベトナム戦争と、ビアフラ戦争に抗議して、パリの路上にて、30歳で焼身自殺をししました。

この事件を題材にして、1969年、作詞・いまいずみあきら 作曲・郷伍郎 歌手・新谷のり子さんが歌いました。

youtube「フランシーヌの場合は」

http://www.youtube.com/watch?v=2dah_5_6gPs

この映像の中のピアノ伴奏は、シャンソンの伴奏で有名な方で、私も、コンクールや、コンサートで、伴奏していただいたことのある方でした。

歌手の新谷のり子さんのホームページは、2007年で、更新が止まっていましたが、学生運動や、三里塚の闘争、平和、人権問題などに、関わり、日本全国での講演会などを、精力的に、行っておられたようです。

つい最近、森直実氏の個展で、三里塚のドキュメンタリー映像に関わった方のお話を、身近にうかがったばかりだったので、本当にビックリしました。

http://homepage3.nifty.com/304/plofile.html

ホームページのメッセージが素晴らしかった・・・

「死んではいけない。平和は生きていて築くもの」

子供の頃に、覚えたこの歌が、歌の背景や、歌った方の人生を、教えてくれた・・・なんだか、もう、歌って、スゴイ!!

歌を覚えた「小さいゆうこ」 えらかった!!

1969yuko_2

7才頃かな?

カラー写真がみつかって

よかったぁ。。。

« 3月29日 Koji Live に行きました | トップページ | 春の宴に、ようこそ! »