« ライナー・マリア・リルケ | トップページ | 深夜の強行採決 »

2013年12月 6日 (金)

カバーズ

131206light.

寒いですね。

国会の様子を見ていると、数の暴力に、怒りを感じます。

「秘密保護法に、反対です」
多数決で、可決されても、誰かが指定した「秘密」によって、自由を奪われる人がいるという法律は、間違っていると思います。

憲法違反だと、思います。

たとえ、過去に恩がある人にでも、もしその人が、間違った時は、「間違っている」と、伝えることは、恩返しなのだと思います。

今は、その時。

人は、間違いや、失敗をするけれど、どうにもならない、やむおえない、と、思ってすることは、わざと、間違いを犯しているのです。数を隠れ蓑にして、「誇り」を、捨てた、自分なのです。誰の代わりでもないのです。

次の国政選挙は、2年半後だそうです。震災から、1000日。怒りと悲しみを忘れない。

・・・

知性のない集団の数の暴力
理性のない集団の数の暴力

痛みのわからない集団
過去に学ばない集団

お世辞だらけの集団
見せかけだけの優しさの集団

ゴルフをする集団...
人種差別をする集団

うそつきの集団
うらぎり者の集団
秘密の集団
戦争をする集団

集団の中に永遠にいられるわけがない
集団という妄想の暴走集団

人間のふりをしている集団

・・・

人間のふりをしている集団の中にいられる人間は、狂っている。

・・・

「サントワマミー」歌・ゆうこ http://www.youtube.com/watch?v=hUOvyVeHdjE

清志郎さんの「カバーズ」が発売禁止になった時を、思い出す。

一方的に、つぶされたんだ。知らん顔してたやつは、ずっと知らん顔だった。

悪いやつは、ずっと悪いやつだった。

悔しくて、いっぱい怒った。 

清志郎さんは、変わらなかった。賞なんか、とらなくても。

.

130502stage_2
.

« ライナー・マリア・リルケ | トップページ | 深夜の強行採決 »