« とりいそぎ、今日の一枚 | トップページ | 森直実氏展覧会 »

2013年11月 4日 (月)

秋のある日 鎌倉にて

10月のある日

ライヴで出会った「リン版画工房」さんの展覧会が、鎌倉で、ありました。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~lin/saitowww5d.biglobe.ne.jp_~lin_/home.html

「版画詩集展」という変わった展示で、版画教室に参加されている方が、気に入った詩と、自分の版画を組み合わせて、おひとり1ページ。
それを、綴じて、詩画集にする制作過程を含めて、展示されていました。

静と動、両方を一度に楽しむことができる、新しさを感じました。創作の現場の躍動感が伝わってきました。
活字印刷なので、とても味わい深くて、素敵な文字です。
自分の詩集が、作りたくなりました。楽しそう。。

会場となった「ジャックと豆の木」というカフェは、大きな窓で明るく広々としていて、お茶をしながら、お話を伺うこともできました。

秋の鎌倉にて、とてもいい時間を過ごせました。

・・・

その日、行く途中の、御成通りに、偶然、"little kitchen"という手作り布小物を作っている友人が、出店していました。
本当は、前日までの予定が、台風の影響で開けられなかったため、急きょ一日延長したのだそうです。

もう10年ぐらい前に、「春まつり」と題して、仕事や子育てをしながら、アートな活動をしている女性が集まって、ライヴとフリマの、コラボイベントをしました。
その時のメンバーです。
ひと針ひと針、オリジナルのデザインの布小物を、創作しています。
「お互いに、好きなこと、ずっと、続けられてるねー!頑張ってるねー!」って、もうそれしか、言葉が見つからない。嬉しかった!!

little kitchen ホームページ http://www.kyoritu-net.com/littlekitchen/ 

それから、さらに素敵だと思ったのは、商品のオリジナルタグは、妹さんのお仕事のつながりで、四国の就労支援センターで、作られたもの。

就労支援センターハーモニー http://www.selp-harmony.com/processing.html#razr

・・・

先ほどの、「リン版画工房」さんも、支援施設の用紙を使用した味わいの良さを、ホームページに、書いていらしたし、温かいつながりが、たくさんあることを、嬉しく感じました。

・・・

131031littlekitchen

「little kitchen」 ウサギのお財布と、うさ耳とシッポのついたミニトートバッグ
これからの季節、フワフワもこもこに包まれていたいわぁsnow

« とりいそぎ、今日の一枚 | トップページ | 森直実氏展覧会 »