« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

ローズの日

130602happyrosedayparty

2013年5月25日 (土)

6月2日「ローズの日」ライヴのお知らせ

130520roses1

.

ブルガリアで、6月初めに開催される「バラ祭」

日本でも、「6月2日を「6・ロー」「2・ズ」の日にして、大切な人に、バラを贈り、感謝を伝える、愛と平和の日にしよう」という呼びかけがあるそうです。

野毛のBar「旧バラ荘」で、6月2日に「HAPPY ROSE DAY PARTY」が開かれます。

そのパーティーで、ゲストとして、歌わせていただくことになりました。「バラ」の歌を、ギターで弾き語りします。

『「バラの日」に「旧バラ荘」で「バラ色のカフェ」のゆうこが歌う、なんて、出来すぎ』

パーティでは、横浜カクテルコンペティションにエントリーされた、「旧バラ荘」オーナー相馬さんのオリジナル「バラのカクテル」のお披露目もあります。

「バラの花」か「バラの何か」を身につけてお越しください。

洋服でも、小物でも、帽子やポケットにバラを飾って…

お持ちいただいた「バラの花」は、相馬さんを通じて「ある所」へプレゼントします。「ある所」というのは、当日、相馬さんから、みなさんに、直接お話ししたいそうなので、今はまだ、内緒にさせてください。

急なご案内なのですが、ぜひ、ご参加ください。

.

130523baraso .

HAPPY ROSE DAY PARTY

日時・2013年6月2日(日)

 6時~夜更け

 ライヴは、7時ごろから数回

場所・野毛「旧バラ荘」http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14014724/

オーダー+チャージ¥500+投げ銭をお願いいたします。

ドリンク ALL ¥500

ご来店には、「バラの花」または「バラの何かを身につけて」お越しください。

・・・

きっと、薔薇が、あふれるほど素敵な一日にしてくれる。。。

よろしくお願いいたします。

2013年5月20日 (月)

5月の「しゃんそん♪ないと」ご報告

5月15日「しゃんそん♪ないと」、今月も、開催する事が出来ました。

ありがとうございました。

…うつりゆく季節も、時の流れも、人の力ではどうする事も出来ないけれど、歌の中で、幾たびも生まれ、幾たびも見送り、そして、また新しい朝を迎える…

…美しい五月の風よ…想いを 空の彼方へ 運んでおくれ…

1305154s ~プログラム~

<1ステージ>

「思い出がバラ色になる時(オリジナル)」

「五月のパリが好き」

「桜んぼの実る頃(仏語)

「五月の夕べ」

「18才の彼」

「思い出のサントロベ」

「ボンボヤージュ」

「黒いワシ」

<2ステージ>1305155s

~川口信子ピアノソロ~「リユニオン」

「夢の中に君がいる」

「ダルマーニュ」

「ROSE」

「我が麗しき恋物語…☆」

…ロマンス…

「そして今は…☆」

「ミロール…☆」

「愛の讃歌」

「Mon Dieu」

「ロコへのバラード/最愛のイカレタ彼へのバラード…☆横浜バージョン」

「ミロール」は、娼婦が主人公のシャンソンです。

数日ほど前から、「風俗」発言が、マスコミで大きく取り上げられています。

仕事として、生きるために、また、誇りをもって働いている女性もいると思います。

けれども、働くことと、暴力を受けいれることは、まったく別です。

日本の歴史の中では、明治の開国や、軍国主義において、政府が女性を、政策の道具として扱った時代もあります。

戦争で男性が功績を讃えられても、戦略として戦地で性の労働を強要された女性が、勲章をもらうことはありません。

日本が、世界に対して、本当に誇れる、歴史や文化は、いったい何なのでしょうか。

政治家がさらけ出した恥…そのほころびから、世の中には、慢性的な大きな暴力があることが、わかります。

次回「しゃんそん♪ないと」は、6月19日(水)です。

雨の季節になっているかしら?「雨」にまつわる歌を選曲してみたいと思います。

そして~忘れてはいけない6月~の曲も、準備したいと考えています。

ぜひ、お出かけください。

それから「キヨシロウさん」のコンサートへお客様でいらしていたお店のオーナーさんが、「しゃんそん♪ないと」へも来てくださいました。(お店…臨時休業してきてくださったみたいなのですが…大丈夫だったでしょうか?)

野毛「旧バラ荘」という、とても個性的なお店です。ピアノはないのですが、ギターの弾き語りで、私の好きなやり方でやらせていただける、とのことです。

「旧バラ荘」という名前も、素敵でしょう?「バラ色のカフェ」みたいでしょう?

出演日時など、決まりましたら、またお知らせいたします。

新しい表現に挑戦します。今後とも、よろしくお願いいたします。

・・・

2013年5月19日 (日)

5月の「しゃんそん♪ないと」レター

桜んぼ 君は空から 見てるよね

おもちゃ箱 片付く間もなく 夜が明ける   …遊去

130515letter pen

画像をクリックすると、拡大されます

2013年5月16日 (木)

お礼

1305157s おかげさまで、5月の「しゃんそん♪ないと」開催する事ができました。

応援、ありがとうございました。

近日中に、プログラム等、ご報告記事を掲載する予定です。とりいそぎ、お礼申し上げます。

・・・

アレンジした写真を、送ってもらいました。

蜷川美香風?

チョウチョが、いっぱい~tulip

2013年5月12日 (日)

次回ライヴ

130515night

バイバイ!サーカス

1304circis1 .

横浜桜木町駅そばで、5月7日まで、サーカスが、開催されていた。

「サーカス」という言葉を、見聞きするだけで、ソワソワ、ワクワクするのは、何故だろう?

「サーカスが来た!」「行かなければならない!」ようやく4月末に、行った。

サーカスのテントは、遠景で何度か見ていたけれど、そこへ向かって歩いてゆくと、緊張と、怖さと、よくわからない想いで胸が痛くなって、とうとうこの橋の上で、泣いてしまった。

いよいよ時間が来てゲートをくぐると、バカでかい虎の絵に、期待が少しそがれて、平常心に戻った。

2時間半の公演は、すごかった。あっという間だった。どうして、あんなに、いろいろが同時に進行して、危険だらけの中で、くり広げられるのだろう。どうして、あんなに、全部が詰まって、隙間があるんだろう。

夢の世界は、いろいろあるけれど、映画や芝居は、演技だと気づきながらも、楽しんでいる。

でも「サーカス」から感じるのは、演技より以前に、実物がそこにあるという、説得力。生ものという、迫力。

それが「悲しさなんだ」という思い込みから、どうしてか切り離せない。私だけが感じているのではないと、思うけれど。

子供の頃の、サーカスの思い出も、その時の、いろいろな事情や状況が圧縮されていて、ただ純粋に、楽しいことだけを、上手く取り出すことが、できない。かさぶたを、また、剥がしてしまったような「しまった!」という想いに似ている。

1304circus3 ピエロ、アクロバット、マジック、オートバイ乗り、ライオン、シマウマ、キリン、象も、今、テントの外に、全部が、居る。

ライオンは、たてがみが、ウィッグかと思うほど立派で、動物園のライオンが見たら、自信を失くすかもしれない。

キリンは、見たこともないほど、大きかった。大きいだけで、勝者だった。

でも、なによりも、象は、忘れられない。優しくて、悲しくて、笑顔?が、忘れられない。

記念撮影は、有料(¥800)で、収益金の一部は、タイ国政府を通して、象保護のためエレファントホスピタル建設基金に寄付されているそうだ。

以前書いた記事。http://barairo-no-cafe.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-6ff8.html

象に「ごめんなさい」と言いたいけれど、でも、伝えるなら「ありがとう」しか、ないだろう。

「有り難い」って、いう意味を考えると、卑しい。嫌な言葉だ。気持ちにふさわしい、言葉を探している。讃える心を込めた、美しい言葉を、探している。なければ、作りたいよ…。

また来てね。元気でいてね。アイシテルヨ。バイバイ!サーカス。

.

130424circus

2013年5月11日 (土)

神奈川新聞紙面「しゃんそん♪ないと」

130508shinbun 5月8日(水)の神奈川新聞紙面に

15日の「しゃんそん♪ないと」のお知らせが、掲載されました。

お問い合わせ、お待ちしています。

神奈川新聞webサイトは、こちらです。

http://bazaar.kanaloco.jp/event/97146/

webサイト「カナロコ」は、登録すると、無料で、記事を投稿する事が出来ます。

記事は、「カナロコ」のツイッターで、自動配信されます。

様々なイベントの発信に、おすすめです。

130515night

「Koji Live」おすすめ

130512koji ~限りなく美しく 残酷なまでに優しい~

【Koji Live】

5月12日(日)夜8時~

出演・ブルースマンKoji with Rin(g)

「旧バラ荘」にて

投げ銭

ブルースマン【Koji】

公式webページ

http://www.koji-blues.com/

野毛「旧バラ荘」

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14014724/

.

.

・・・

【Koji】伝説「白いギター」

ある日、Kojiが、路上で、唄っていると、見知らぬ男が、白いギターを持って、やってきた。

男は、Kojiの投げ銭を指さし、こう言った。

「兄ちゃん、このギター、やるよ。その代り、これちょっと、貰っていいか?」

「あぁ、いいよ。持って行きな。」

・・・

130323006at.

2013年5月 6日 (月)

5月の「しゃんそん♪ないと」お知らせ

130515night_2 連休は、楽しまれましたか?

お疲れが出ないように、気をつけてくださいね。

私は「追悼・忌野清志郎」のライヴの興奮が、醒めないまま、その再生可能エネルギーで、次回「しゃんそん♪ないと」の、準備を始めました。

今週は、8日(水)の神奈川新聞紙面に、お知らせが掲載されます。探して見てくださいね。

5月は、パリも、女性も、特に、美しいのだそうです。

あぁっ!!

あと25日しかないぜ。

急げBabydash

2013年5月 5日 (日)

「追悼・忌野清志郎」ライヴ・ご報告

130502kiyoshiros 野毛「ボーダーライン」の「追悼・忌野清志郎」ライヴに、今年初めて、参加させていただきました。

5月2日を、清志郎さんを愛してやまない皆さんと一緒に過ごせたこと、心強く思います。

オープニングは、主催者のキース・イトウさんが「よォーこそ」の替え歌で、出演者を紹介。

私の時は「いつもシャノアールでシャンソン歌ってる…紹介するぜ!紅一点、ゆうこ!」って、歌ってくれました。

演奏順は、Rin&Nogucchi、ゆうこwithRin&Nogucchi、内田マナベ、遠藤コージ、アラーキー

エンディングは、全員で「雨上がりの夜空に」など

130502member左から、アラーキー、遠藤コージ…の背中、キース・イトウ、内田マナベ、Nogucchi、Rin

背中になってしまった遠藤コージさんは、下の写真の一番右です。その左が、ボーダーラインのオーナー岩井さん、その隣りが、イトウさん。

130502iwaiitoendo2

・・・・・出演者各位様・・・掲載で、差し支えがありましたら、ご連絡ください・・・・・

.

1305023「 ゆうこwith

Rin&Nogucchi」

演奏曲

『君が僕を知ってる』

『イマジン』

『サントワマミー』

『スローバラード』

4曲それぞれに、アレンジを変えて、特徴が出せたと思います。

Rin君、Nogucchi君には、当日だけでなく、スタジオリハや、データのやり取り、アレンジでも、たくさん助けてもらいました。一緒に演奏できて、親切にいろいろ教えてもらって、練習の時から楽しくできました。『もう出ない!』と、泣くことも、ありませんでした。

『スローバラード』の伴奏は、二人に任せて、「ゆうこさんは、歌に専念していいよ」と言って、歌わせてくれたこと…今さらですが「歌い手」として、燃えました。

二人は、心意気も素晴らしいミュージシャン!!本当に、ありがとう☆

それから、演奏のきっかけを作ってくれた「ボーダーライン」の岩井さん、いつも二人と演奏しているブルースマンのKojiさん、ありがとうございました。

.

S4_2 .

来年も、参加させていただくことになりました。

みなさま、新年も、よろしくお願いいたします。

♪長生きしてぇなぁ~♪ 「キヨシローさん、ありがとう。アイシテマス」

.

130502lovepeace .

1204281 ライヴの合間、3人で写真を撮りに外へ出たら、そのまま、Rin君がギターを弾いて、歌いだし、お店の前で、ミニ路上ライヴとなりました。

面白かった~note

2013年5月 4日 (土)

『スローバラード』

130502art_3 <キヨシローさんへ>

みんな器用な世の中で、お洒落なお店や、デートコースなんて、サっと決めて。

だから、好きな人と、ただ手をつないで、どうすることもできなくて、どうしようもなくて、そのまま朝になって…。

それが、どれほどロマンチックで、どれほどsexyなことか…。

子供には、わからないわネ。

『アイシテマス』

2013年5月 3日 (金)

お礼

130502lovepeace.

5月2日、野毛ロック酒場ボーダーライン「追悼・忌野清志郎」にて、歌わせていただきました。

会場にお出かけいただき、また、たくさん応援をいただき、ありがとうございました。

キヨシロウさんを大好きな、出演者、お客様で、会場は、すごい熱気でした。

あらためて、記事、写真を掲載したいと思いますが、取り急ぎ、お礼申し上げます。

写真は、ギターのRin君が、私のギターのチューニング、バイオリンの野口君が、サウンド調整、私は、のん気そうに見えますが、「Peace!」を熱演しているところです。

お二人には、とても感謝しています。

今回のための、臨時のユニットですが、ステージを見た2軒のお店から、出演のオファーをいただいてしまいました。

新バンド誕生か?

.

2013年5月 2日 (木)

本日5月2日・野毛「ボーダーライン」にて

「追悼・忌野清志郎」 ぜひ、お出かけください!

野毛「ボーダーライン」にて・夜7時半~・¥500+オーダー+投げ銭

http://borderline-noge.com/schedule.html

様々なジャンルのミュージシャンが、キヨシロウさんの曲を演奏します。

私は「君が僕を知ってる」「イマジン」「サントワマミー」「スローバラード」の4曲を、ギターRin君、バイオリン野口君の伴奏で、私も、ギターを弾いて、歌います。

発売禁止になったアルバム「covers」の中に、なぜ「サントワマミー」(あなたなしでは…)という曲が収録されたのか不思議でしたが、歌のバックに「核なんて、どうかしてる。人殺し。」というような事を、フランス語で言っています。あなたなしでは…つまり、核なしでは生きられないの?という皮肉なのかなと思いました。今回、フランス語の語りも入れてみようと思います。
.

130502kiyoshiro .

2013年5月 1日 (水)

次回ライヴ~最新情報~

130428borderline 5月になりました。連休は、いかがお過ごしですか?

私は、連続で、2日の「追悼・忌野清志郎」ライヴの音合わせに、出かけました。

ギターのRin君に加えて、バイオリンの野口君も、一緒に演奏してくれることになりました。

4曲のアレンジも、それぞれに違えて、特徴を出せそうです。

出演者は、ロック、ボサノバ、ジャズ、ブルース、しゃんそん…など、いつもは違う活動をしている人たちです。
キヨシロウさんを大好きということで集まった個性的なメンバーの共演は、とても面白くなりそうです。

ご都合がつきましたら、ぜひお出かけください。

開始時間は、夜7時半です。

写真は、音合わせ一日目。野毛「ボーダーライン」前。

http://borderline-noge.com/access.html

ギター移動のために、キャリーカーにお手製のクッションをつけました。

この日は、野毛大道芸があり、待ち合わせで、ココに座っていたら、子供が近づいてきて「何やってるの?」って聞かれました。大道芸の出しものの何かと思ったみたい。

なんだか、そういうの、ちょっと嬉しい!!

130502kiyoshiro_2 .

京都「巴里野郎」閉店

シャンソンのライヴハウスの名店、京都「巴里野郎」が、4月30日で、30年の歴史の幕を閉じました。

ホームページに、オーナーの宮本宰完さんの、閉店のご挨拶が掲載されています。

http://pariyarou.com/close.php

このステージで歌わせていただけたこと、また、デビュー10周年の節目に、声をかけていただけたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

Pariyarou1 .

Pariyarou2

.

111001k071s_2

ゆうこブログ関連記事

閉店のお知らせ

http://barairo-no-cafe.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-6888.html

ステージ床の写真

http://barairo-no-cafe.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-abdf.html

2011年10月1日「デビュー10周年in京都巴里野郎」

http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/barairo_no_cafe/view/20111001

2008年ライヴ

http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/barairo_no_cafe/view/20080111

2007年ライヴ

http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/barairo_no_cafe/view/20070526

Kyoto_koyasunotou

.

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »