« 1月の「しゃんそん♪ないと」ご報告 | トップページ | 2月1日 »

2013年1月31日 (木)

暴力について、おもうこと

最近、「暴力」についての報道が多いので、いつも考えていたことを、書いてみようと思います。

暴力は、間違っていると思います。

どんな場面でも、教育の現場でも、スポーツでも、まして、大人と子供、男女、国同士。

小さいこと、大きいことにかかわらず、暴力を使うことは、間違っていると思います。

それは、私が「嘘」について、いつも考えていることと、似ています。「人のための、嘘は、ない」と考えます。嘘は、相手をだませると見下している時か、相手に真実を知られることを怖れて、つくものです。健全な関係の中に、嘘は、必要がありません。

暴力は、思いどおりにならない時、感情が高ぶった時、自分を抑えることが出来なくなることで、起こします。

そして、相手を力で抑えつけるだけでなく、そこにいたまわりの人にも、悪い影響を与えます。それで、表面的には、問題を解決したように見えても、もっと深い溝を作ります。

それなのに、今、どうして、暴力を容認するような、意見があるのかを考えると、そうする以外の解決策を、見つけることが出来ないからではないでしょうか?

本当は、そこからが、頭を使う、踏ん張りどころです。

☆暴力によって勝ったことは、間違っている。

☆暴力によって勝った側が、正義の時もあるし、正義ではない時もある。

一般的に、結果が良ければ、いつか解る時がくる、と、あきらめてしまう事もあると思うけれど、結局、考えることや、時間をかけることが、面倒くさいからです。

暴力に頼ると、何が良くて、何が間違っているか、余計にわかりにくく、ややこしくなります。

暴力に頼らずに、何が良くて、何が間違っているか、判断できるようにならなくては、いけません。

世の中は、世界は、とても複雑に絡み合っています。

武器を、作るのも人、売るのも人、買うのも、人です。時間は、無限にあります。

人間が作り出した、都合で、人間は、がんじがらめになっています。

【ガンジーの言葉】

どのように生きれば、暴力を限りなく、なくしていけるのか、わたしたちは、その道を探し続けなくてはならない。(『ガンディー 魂の言葉』)
.
.

« 1月の「しゃんそん♪ないと」ご報告 | トップページ | 2月1日 »