« 11月の「しゃんそん♪ないと」ご報告 | トップページ | 11月19日「ハモニカクリームズ」全国ツアー »

2012年11月22日 (木)

11月17日・森直実氏・個展

121020morinaomi 横浜関内のギャラリーで開催された「森直実 個展」(10/20付でご紹介)に、行きました。

ブログ「うろちょろ日記」に、写真を載せていただきました。

http://blog.naomi-mori.main.jp/?eid=827

作品を拝見するのは、初めてでした。

「百景シリーズ」は、横浜の風景写真を、浮世絵?のように加工されていました。独特の色で、数が多くて、びっくりしました。

写真「ブエノスアイレス」は、白黒の作品で、情熱的なタンゴのステージや、町の人々の温かみのある表情が素敵でした。ブエノスアイレスの旅の思い出や、タンゴにまつわるお話を、たくさん伺いました。

そして、抽象画の作品は、鋭さと、躍動感、激動感に、圧倒されました。

連作「FUKUSHIMA」は、全体と細部と、一枚一枚のつながりと、とても密度が濃くて…どんな感想も、失礼な気がします。

訴えるような、ほとばしるような、エネルギーを感じました。

・・・

森さんは、ご自分に「無印不良品」という称号?を付けています。

お話ししていると、それは、既成の名誉や、権威に対する、反骨、批判、ロックな精神なのだと思いました。

facebookでは、無口なダンディ風の森さんですが、お話を始めると、止まらなくて、次々にいらっしゃるお客様と一緒に、解説や、旅の思い出や、武勇伝、失敗談などなど、短い時間で、とっても濃いお話を伺うことができました。

皆さんも、これからも、新聞や、雑誌などで、森直実さんのお顔やインタビューをご覧になることがあるかもしれません。

「次回個展は、数年かけて、自分が、なっとくしないとやらない」と、ブログに書いておられました。

私は、森直実さんご自身が、無形文化財のように思えて、森さんが歩くと、風が舞い起こるような気がします。また、お会いしたいです。

勝手に、生意気なことを、書かせていただきました。お許しください。

森直実さんのオフィシャルホームページ http://naomi-mori.main.jp/

.

« 11月の「しゃんそん♪ないと」ご報告 | トップページ | 11月19日「ハモニカクリームズ」全国ツアー »