« おしらせ | トップページ | 次回「しゃんそん♪ないと」ご案内 »

2012年3月11日 (日)

3月11日

120311tyurip 東日本大震災から1年

世界中が、祈り、復興を願う、一日でした。

自然の恩恵の中に、時には、大災害を、幾たびも乗り越え、人が、生き抜いてきたことは、人の記憶から忘れられていても…地球は、その49億年もの命の、まばたきの一瞬のように、まわり続けている。

地球に生きる70億人の中で、わずか1パーセントの人々の、裕福な暮らしをを守ることが、全人類の目標だろうか?

どれだけ、物があったら、どれだけ、お金があったら、どれだけ、働き働かせたら、どれだけ、武器を持ったら、どれだけ、電気があったら…幸せになれるのだろう?

.

.

.

LOVE&PEACE

120311sayonaragenpatsu1 2012年3月11日「さよなら原発311神奈川アクション」に参加しました。

1986年4月26日チェルノブイリ原発事故が起こった時、8000kmはなれた日本にも、放射能が飛んできました。テレビのニュースでも、「子供には、念のため、帽子や、長袖シャツを着用した方が良い」と報道されました。ヨーロッパや、北欧の、輸入食品から、放射能が検出されました。

その当時、日本には、37基の原発がありました。そのどれ一つが事故を起こしても、大変なことになると、脱原発運動や、論争が起きました。

多くの勉強会や、映画会、写真展、署名活動、デモが開かれ、市民による食品の放射能測定室ができた自治体もありました。

それでも、原発は建設され続けました。50数基。すべての原発が停止しています。それでも、維持管理のために、一日、数千万円かかる炉もあります。また、核燃料、増え続けた放射能の灰を管理し続けなくてはなりません。

放射能を管理する方法は、核分裂が起きないようにして、封じ込めて、時間がたつのを待つだけです。何十年、何百年…何万年…。その最終保管場所さえ、決まっていないまま。

東日本大震災で、東電福島第一原発から、チェルノブイリより多くの放射能が拡散し、もはや、推進か脱原発かなど、議論事態、時代に合っていません。

少しでも早く、1か所に集めて、閉じ込めるしかないです。

.

120311sayonaragenpatsu2

.

3月11日(土)「さよなら原発311神奈川アクション」関内、大通り公園石の広場

12時集合~黙祷~集会アピール

13時出発~関内~市役所~東電前~東電前~赤レンガ~桜木町

約2時間、4つのグループに分かれて、約1500人(主催者発表)がアピールしながら、歩きました。

サウンドカーは、ロックバンド風、クラブのDJ風、ほのぼの風…いろいろありました。

.

120311sayonaragenpatsu3 歩道や、車から、たくさんの人が、手を振ってくれました。

私は、神奈川だけに参加したのですが、元気な人たちは、そのまま国会議事堂へ移動して、「国会囲もうヒューマンチェーン」というアクションにも参加されました。日本人は、意見をアピールしたり、デモをすることに、偏見や抵抗を感じる人も多いと思っていたけれど、約1万5千人が集まって、キャンドルを手に、国会議事堂を囲む映像は、本当に、スゴイと思いました。でも、この映像を報道したテレビ局は、なかったようです。

その様子が、youtubeにありましたので、ご紹介します。とても綺麗な映像で、9分と7分、見やすい長さに編集されています。

.

.

ぜひ、見てください。

【さよなら原発311神奈川】

http://www.youtube.com/watch?v=uCOOnUODwn8&feature=youtu.be

【国会囲もうヒューマンチェーン】

http://www.youtube.com/watch?v=WsOsE7Kunxw&feature=youtu.be

Tumblr_lpzzz9eu0e1qi1yrpo1_400

« おしらせ | トップページ | 次回「しゃんそん♪ないと」ご案内 »